KIZUKASARERU

朝、到着したご利用者様がごそごそポケットから何か取り出し見つめていました。

「こちらどうしたんですか?」
私がそう質問すると
「前に喜多院に行ったときのだよ。」
と、嬉しそうに大事に御守りの紙を手で撫でています。
それから
失くしてしまわぬよう声をかけるとポケットへまた大事にしまわれました。

 

例え認知度が高くても嬉しかった記憶などは色濃く覚えているのだなと思いハッとした朝でした。

 

f:id:tamagonokimichan:20200731230007j:image


f:id:tamagonokimichan:20200731230002j:image

AM10:00